Loading...

正社員就職好事例のご紹介

「不安定就労者再チャレンジ支援事業」を通じ、正社員としてご就職された方々の事例をご紹介いたします。

事例ご紹介

   【Aさん(40代女性)】

Aさんは本支援事業に参加されるまで、正社員や派遣社員、パートなど様々な雇用形態の下で短期の お仕事を繰り返されていました。 今までは希望職種での採用試験の際もなかなかうまくいかず、ビジネスマナーや面接対応などを今回 しっかりと受講することで、安定した雇用形態で働きたいとお考えになり、受講されました。 元々就職への意欲も高く、講義では周囲とも打ち解けられ、皆で協力しながら一つひとつの課題をク リアされている姿が印象的でした。 受講修了後、ご自身が本来希望している経理事務職での正社員就業に絞った就職活動を行った結果、会計事務所での内定を獲得されました。 現在の職場では様々な経験や資格が重宝され、なくてはならないメンバーとして頼りにされているよ うです。

   【担当キャリアコンサルタントからの感想】

Aさんはこれまで働いてきた期間が短く、誇れるものがないと言って悩んでおられました。 当初は自分を表現するために四苦八苦されていましたが、このプログラムを通して、自分ができることや目指したいことを明確にされていきました。 受講修了後に希望の経理事務職に正社員として就かれ、徐々に仕事を任せてもらえているようです。 すべての苦労は“スキル”という言葉に変わることを願って応援しています。

   【Bさん(40代男性)】

Bさんは令和2年5月末に派遣会社から契約を打ち切られ、その後就職活動を行うも連続で不採用とな り、自信を失われておりました。 本支援事業を受けることによって「キャリアコンサルタントの先生方のサポートが受けられる」点に注目頂き、受講された方です。 建築関連での就業を強く希望されており、ご本人の考えでは派遣は一番最初に解雇の対象となりやすい点から、 正社員としての就業を目指して標準プログラム受講中から選考を受けられておりました。 講義で皆が積極的な発言を繰り返されるなかで、Bさんのユーモアのある回答にクラスが和むうち、本来の自信を取り戻された結果、Bさんは建設設計関連の企業から正社員として内定を獲得しました。 入社後に体調を崩されたりもしましたが、会社が自分を見守ってくれたことで今後しっかりと恩返し がしたいと語るBさん、現在は複数の現場を任されるなど大活躍されております。

   【担当キャリアコンサルタントからの感想】

就職して間もなく体調を崩され、ご本人も仕事と健康の両方の心配が重なって落ち込んでおられ ました。 面談では、Bさんのお悩みをすべてしっかりと聴き、受けとめる事を繰り返しました。 まずは気持ちの整理が大切だと思ったからです。 定着支援面談では明るく前を向いて次のステップの事も話題にのぼる様になり、私自身もとても嬉しく感じています。

図で見る受講生ご紹介 ※注1)

求職者の方へ

スケジュール・オンライン説明会でプログラムの内容、受講要件を十分に理解した上でお申し込みください

注1)令和2年度開講受講生の結果による
注2)進路変更には就職あっせん辞退者も含まれる

※本事業は大阪労働局からの委託を受け、
「学校法人大原学園」が運営しております。

〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中1-6-2
大原簿記法律専門学校 難波校
お問合せ先 06-6210-5955
E-MAIL osaka.saichare@mail.o-hara.ac.jp
受付時間:平日 9:30〜17:00